「病気のこどもの親・家族の気持ち、サポートの必要性について」  

宮城学院女子大学発達臨床学科 教授 足立智昭 先生 

  1.親として経験したこと
    子どもが生まれてから4年間、入院生活を経験しました。そこでいただい
   た多くのサポートについて紹介します。
 
  2.海外の病院・NPOの紹介
    ロサンゼルスの子ども病院、ロンドンのNPO、コペンハーゲン王立病院
   など海外の医療・ボランティア事情は驚きの連続でした。スライドを交えて
   紹介したいと思います。
    
  3.病児の親・きょうだいが被るストレス
    親やきょうだいは、長期にわたってストレスを被ります。そのストレスの
   原因について説明します。
   
  4.病児の親・きょうだいが抱える心の問題
    前項のストレスの結果、親としての適応、きょうだいとしての適応にさま
   ざまな問題が生じます。親やきょうだいに何が起こっているのか解説します。

  5.親・きょうだいが必要としているサポート
    前項の問題を、すべてボランティアが解決できるわけではありませんが、
   一人一人の取り組みが、彼らの状況を大きく変えることになります。 今、
   ボランティアとして何が出来るのか、一緒に考えましょう。