第4回きょうだいの会   5.16.2009


きょうだいの会について

 ◆開催の目的
   きょうだいに病児をもつ子どもたちは、家族の皆さんのさまざまな
  配慮にもかかわらず、孤独感や不安をもつことが知られています。
  ワンダーポケットではこのような境遇にある子どもたちが、ゲーム
  を通してストレスを発散したり、孤独感や不安感をいやすことがで
  きる遊びの会(「きょうだいの会」)を計画いたしました。

 
参加者の募集について
   宮城県立こども病院、日赤病院にチラシ、ポスターを設置していただい
   た他、きょうだいの会に以前参加してくださったご家族・子どもたちへ
   お声がけをしました。

  参加者とスタッフ
   参加した子ども: 男子1名、女子4名  計5名
   参加スタッフ  : 18名
   (学生ボランティア8名、一般ボランティア3名を含む)

 開催内容
   日時 : 2009年5月16日(土)
   会場 : 宮城大学キャンパス
   日程    



08;45 仙台駅集合
09;10 仙台駅前2番乗り場より乗車   宮交バスで移動
09;50 宮城大学 到着
10;00 開所式・自己紹介
10;30 大学探検!
11;30 昼食
12;30 みんなでペタペタペインティング
14;00 自由時間&おやつタイム
16;00 閉所式
16;30 宮城大学前バス停 出発
17;30 仙台駅 解散




当日の様子
          

閉所式&自己紹介
 

           


じゃんけん列車で少し緊張が解けたところで、皆で円になって自己紹介。
一人ひとり名前と好きな色、好きな○○、自分の声で伝えました♪



大学探検!





大学キャンパスを探検しながら、こどもたちはスタンプラリーのように、シールをゲットしながら、
それぞれの場所のチャレンジ(ミッケの広場、クイズや、ジェスチャーゲーム、○×ゲーム、ボス
であるカッパが出す問題)をクリアしていきます。

友だち、またチームリーダーさんと協力することで、交流も深まりますね♪

最後はカッパを倒すと・・・
見事、宝箱を手に入れることができました。


昼食タイム




外にビニールシートを敷いて、みんなでお弁当タイム♪
食後、時間までちょっと一休み。池など観察しました。


ぺたぺたペインティング(宮城大学Art Standardさんの企画)

  

布でできた小さな手提げ袋に、ステンシルを使ってデザインを考え、また筆で描いたり・・・
自分だけのオリジナルバッグを作成♪

 

   


大きな大きな紙にペタペタペタペタ。
絵の具が入った水風船を投げるところから始まりました。

そして、手のひら、足で木の地面と葉ペタペタ。

夢中ですよ〜。
そして、絵の具ってすべるんですね。つるつる、ぬるぬる感触が本当におもしろそうです。


最後は絵の周りに並んで記念撮影♪

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。




きょうだいの会を終えて・・・

こどもたちの感想
・楽しかった ・まだ帰りたくない ・ワンポケって楽しいねぇ

事務局から
準備は本当に大変でしたが、こどもたちの笑顔をたくさん見ることができて本当にうれしく、
ほっとしました。行きのバスの中で、なかなか出かけることがでいないと話してくれた女の子、
次のきょうだいの会がいつかと楽しみにしているこどもたち・・・これからも子ども・ご家族の
ニーズを把握しながら、このような楽しい会を作っていけたらいいなと思います。


事前の準備から手伝ってくださったボランティアの皆さん、宮城大学のArt Standardの皆さん、
本当にありがとうございました♪