東北楽天ゴールデンイーグルス 山ア武司選手病棟訪問&支援金贈呈式
 in仙台赤十字病院

 
 2011年1月28(金) 仙台赤十字病院において、山ア武司選手の小児病棟訪問ならびに選手後援会有志の皆様からワンダーポケットへ活動支援金の贈呈式が行われました。

 この活動支援金は、昨年一年間、山ア選手のホームラン一本につき2万円ずつを後援会有志の皆様が積み立ててくださり、子どもたちのために役立てたいとの想いからワンダーポケットにご寄付くださったものです。

 こちらの支援金の贈呈式を仙台赤十字病院の会議室をお借りして行い、その後山ア選手は小児病棟やNICU(新生児乳幼児集中治療室)に入院中の子どもたちを訪問し、サイン入りのボールを手渡して交流されました
 


贈呈式会場の様子

後援会の皆様からワンポケへ
支援金をいただくのは、
今年で
3回目となります。
いつもありがとうございます!


後援会代表の方から支援金贈呈に至るまでの
経緯をお話していただきました




後援会の皆様には支援金のご寄付だけでなく、
選手の病棟訪問についても快くお引き受け頂き
日程調整や準備にもご協力いただきました。
本当にありがとうございました★

山ア選手のスピーチ

毎年このイベントを大切にしてくださっている
山ア武司選手★
子どもたちとの触れ合うご様子や
語られる言葉から
大きく温かい人柄が感じられます


  
  子どもたちからのメッセージ    プレゼントを受け取った選手
 


  赤十字病院に入院中の子どもたちから
 山ア選手の来院を歓迎するメッセージと、
  手作りのプレゼントが贈られました★

        

NICUにて

 病棟訪問では、山ア選手は子どもたちや
看病にあたられているご家族お一人お一人に 
声をかけ、手を握りお話をされていました。

小児病棟にて

 

選手の大きな体にびっくりする子どもたちの表情
選手に話しかける子どもたちのキラキラした瞳
そして選手の温かい笑顔と想い…
そんなものが沢山詰まった素敵な時間になりました。


子どもたちにとって選手から勇気とパワーをもらう
機会になっていたら嬉しいです★


山ア選手、後援会有志の皆様
病院関係者の皆様
本当にありがとうございました★