第9回きょうだいの会〜夏休みおでかけ企画〜

午前の部

朝8:30、マイクロバスが仙台赤十字病院を出発!
仙台駅、東北大学病院をまわり、6名(男の子4名、女の子2名)の子どもたちを迎え
仙台市天文台に向かいました。

 

仙台市天文台ではプラネタリウムを見学

みんなで並んで座り、星空を観察しました。
普段明るい街中ではなかなか見られないたくさんの星たちを眺め、
天の川にまつわる色々な国の神話や伝説を教えてもらいました。
 
45分間のプラネタリウムのあとは、再びバスに乗り込み秋保へと向かいます。



朝から星空をながめてゆったりモードになりましたが、
このあとはアウトドアな企画が待っています!

昼食作り&昼食

天文台からバスで15分ほど走ると
秋保 木の家 ロッジ村に到着しました。



子どもたちもお手伝いをして、ロッジへ荷物を運びこみ
さっそく昼食作り開始

メニューはバーベキュー&わんぽけやきそばでした

「野菜切ってくれる人〜?」「火おこしてくれる人いるかな〜?」という
スタッフからの問いかけを聞いた子どもたちは
「は〜い!」「やるやる!」と立候補してお手伝いしてくれました。

 
大量の野菜をさくさく切って…

 
火をおこしてお肉と野菜を並べて…

皆で協力してお昼ごはんが出来上がりました!
大きなテーブルを皆で囲んで、「いただきま〜す!」

 
午後の活動にそなえ、みんなもりもり食べていました


午後の部

昼食の後は待ちに待った川遊びタイム
ロッジのそばを川が流れているので
タオルを持って遊びに行きました

 
子どもたちは時間を忘れて小魚捕りに熱中していましたよ
 

スタッフが「そろそろ帰るよ〜」と声をかけると
「ええ!?もう?」「もうちょっとだけ!」とブーイングが…。
残念ながら時間になったので、濡れた服を着替えて帰りの支度をしました。

その後は秋保大滝を見学し、
神社でおみくじをひいてかき氷を食べて、帰路につきました

帰りのバスではみんなぐったりしていましたが
「次は温泉に行きたい!」なんて声も聞こえてきましたよ

活動を終えて・・・

昨年に引き続き二度目の開催となった夏休み企画。
震災の影響もあり1ヶ月開催が遅れ、参加者の数も少なめでしたが
ときにまったりと、ときに和気藹々と、楽しい時間を過ごしました。

熱射病や熱中症の心配もしていましたが
暑過ぎず雨も降らず、過ごしやすいお天気に恵まれ
子どもたちには自然を満喫してもらえたのではないかと思います。

当日参加してくださった学生ボランティアの皆さん、ありがとうございました!
子どもたちの安全を確保しつつ、スタッフのフォローもしていただき感謝しています。

次回も子どもたちの笑顔がたくさん見られるよう、
ご協力よろしくお願いいたします