チャイルド・ライフ・支援ボランティア講座
  
    ―実践に役立つ チャイルド・ライフ支援の基礎知識 2007―

  “ワンダー”は自然や人間のこころに感動するパワーです。子どもたちみんなが持っているふつうの力です。
 そのパワーが秘められているポケットが「ワンダーポケット」です。

  私たちワンダーポケットの理念は「すべての子どもたちに命の輝きを!」です。私たちは、特に病気の子ども
 たちやそのご家族を支援するために、人的・物質的な資源の確保とその持続的な供給が必要であると考えて
 います。その一つとして、ボランティアの育成は重要であると考えてています。
  病む子どもたち、そして健やかな子どもたちを心身両面から支援し見守るためには、私たちが子どもの世界
 に出掛けて戻ることを繰り返すことが必要です。そのためには、忘れかけている子ども時代の記憶や体験を呼
 び返し、子どもの視線で現実世界を見直す必要があると考えます。
  今回のボランティア講座が、子どもたちのために、自分の時間を差し出そうと思っている皆様の糧になることを
 願っています。この講座が終了したとき、皆様の心の中を「爽やかな風がそっと吹き抜ける」ことを願っています。
 

   ◆                  

日 時 : 2007年10月28日(日) 9:30~16:30  ※9時より受付開始

場 所 : 仙台厚生病院 熊谷・海老名ホール

受講料: 一般3500円、学生1500円  ※昼食代込み(お弁当と飲み物をご用意いたします)

募集人数: 70名

申込方法: 参加希望の方は、事前に申し込みが必要になります。下記の必要事項をご記入
          の上、FAX・メールにてお申し込みください。
   ≪申込先≫
      NPO法人ワンダーポケット Tel&Fax 022-277-5702

                        メール  info@w-p.jp
 
      ※事務局は、月・木の10:00~17:00はスタッフが在室しております。お電話のお問い
        合わせはその時間帯にお願いします。FAXは曜日・時間いつでも受付可能です。
 

               ◆      ◆

《 講座日程 》
   
     9 :30~ イントロダクション
     9 :50~ 講義①
           (10分間休憩)
    11:00~ 講義②
           (10分間休憩)
    12:00~ 昼食・休憩
    13:00~ ワンダーポケットとラッコハウスの紹介
    13:20~ 講義③
           (10分間休憩)
    14:30~ 講義④
           (10分間休憩)
    15:40~ まとめ・ディスカッション
    16:30~ 全終了

   ◆                  

《 各講義と講師 》

 講義① 病気の子どもの親・家族の気持ち、サポートの必要性について
       足立智昭 先生
(宮城学院女子大学発達臨床学科 教授)

 講義② 病気の子どもに必要なもの―安静そして人間コミュニケーション―
       田澤雄作 先生
(国立病院機構仙台医療センター小児科 医長)

 講義③ こどもの心理療法―遊戯療法を中心として―
       工藤亜子 先生
(東北大学病院精神科 心理療法)
 
 講義④ 寄り添う大人になるために
       藤井あけみ さん
(国立がんセンター中央病院チャイルド・ライフ・スペシャリスト)

   ※各講師プロフィール、講義の概要はコチラ